お知らせ

2021-01-15 17:38:00

初投稿です!

はじめまして、初投稿しますスタッフの市橋です。
前は犬がずっといたんですけど今は猫がいます^^

MIXなんですけど鼻ぺちゃで足が短いのがとても可愛くて、性格もあんまり猫っぽくなく犬みたいな性格の子です。
抱っこしたら寝るし私が寝てたらくっついてきたり、上に乗ってきて寝たりするんですが、たまに出るツンデレのツンもまた可愛いです♡♡

動物って癒されますよね(⌒∇⌒)

まだ、どんどんコロナが増えてきてますね(´;ω;`)みなさんもお気をつけてください。
私は病院勤務時以外は、猫と家で遊んで外出控えています(笑)

2020-12-13 10:44:00

わんちゃん・ねこちゃんのお耳について

こんにちは!

本日はわんちゃんねこちゃんのお耳についてお話したいと思います。

皆さん、お家の子のお耳ご覧になられた事ありますか?頭を振ったり、床にこすりつけたり、足でかいてみたり…

よく観察してみるともしかしたらお耳を気にしているかもしれません!もしそのような行動が見られたら一度お耳の中を見てあげてください。

もしかすると、汚れが溜まっていたり、マラセチア真菌というカビの一種が繁殖し悪さをしているかもしれません。マラセチアは独特の臭いを発すると共に、とても痒がることが特徴で、こげ茶~黒色のネトッとした耳垢が溜まります。

一度、お耳をみてあげて上記に書いたような症状がみられた場合は一度病院の方にお越しくださいませ(^^)

 

2020-09-20 14:12:00

保護猫ちゃんの里親様を募集しております

飼い主様が保護された白黒の元気いっぱいの子猫ちゃんの里親様を募集しております。

推定1ヶ月ちょっとの女の子です!550gの人が大好きな子です(^^)
食欲旺盛でオモチャで遊ぶのが大好きみたいです!
9/20現在、駆虫プログラム1回目が終わり、ジアルジア検査・猫白血病・猫エイズともに陰性です。

子猫ちゃんのことが少しでも気になった方は病院へ『白黒の子猫ちゃんの里親の件で』とご連絡ください!
TEL 075-935-8612

保護猫.jpg保護猫2.jpg保護猫3.jpg保護猫4.jpgS__26427407.jpg

2020-08-28 21:29:00

臨時休診のお知らせ

エイトアニマルクリニック洛西口院長の藤田です。

 

8/31(月)、馬・牛の往診業務のため以下の通りの外来とさせていただきます。つきましては午後診察は休診となります。

ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願いいたします。

 

8/31(月) 外来 9:00-11:00
PM休診

2020-08-17 17:45:00

肛門腺絞りのお話

ワンちゃん・ネコちゃんにある肛門腺はご存じでしょうか?

肛門腺とは、肛門の左右(4時と8時)一対にある分泌物です。袋状になっているので、肛門嚢(のう)とも呼ばれています。
肛門腺の役割は、一匹一匹違うにおいをしているので、個体識別の役割をしています。ワンちゃん・ネコちゃんが、お互いのお尻の匂いを嗅ぎあっているのも相手を認識するためにしています。

通常は、ウンチをするときに一緒に出されることが多いです。ですが、自分で出すことができない子もいます。
そのような子は人間が絞ってあげなければいけません。そのまま放置すると、分泌物が溜まっていき袋が破れ、肛門の横に穴が開き、膿汁が出たり出血を伴います。
肛門腺が溜まってきたサインとしては、✅床にお尻を擦り付けてお尻歩きをする✅肛門辺りを気にして舐めたり噛んだりする✅自分の尾を追いかけてぐるぐる回る、などがあります。
このような行動をし始めたら、肛門腺が溜まっていないかチェックしてあげてください。

他の用事で病院にいらした際や、お散歩で病院の前を通った際に『肛門腺溜まっていますか?』と聞いていただければ確認致します(^^)ご希望であれば、肛門腺の絞り方もお伝えいたします!
トリミングに出して頂ければ、シャンプーの時にトリマーさんがしっかり絞ります。病院で肛門腺だけ絞らせていただくことも可能です。その際は先生が絞ります。
肛門腺が破裂してしまうと、治るまで舐めないようにカラー生活になってしまいます。そうなってしまう前に、肛門腺が自力で出せない子はチェックしてあげてくださいね!

疑問なごとがありましたら、お気軽にお声がけください^^

1 2 3 4 5